Saboten world跡地

ポケモンについての雑記。大体レート1700~1800程度で色んな構築試してます。

サボテンの!クロスリバース雑記その2!

 皆様お久しぶりです(20時間振り)、さぼてんですよ。

 前回のクロスリバースの記事がやや反響があったので今回も続けて新規さん向けの記事を書いていこうかなぁと思います。前回は知らない人向けの記事だったので、今回は既にプレイしている方に向けて送ることとします。

 

 では本題。クロスリバースの概要については前回の記事をご参照下さい。今回はまずこのゲームを始めたら何をするべきか?というところから進めて行きたいと思います。何から始めたらいいかわからないという方のお役に立てれば幸いです。

 

・ストーリー

……大体のソシャゲに言えますがやはりまずストーリーです。クロリバのストーリーを進める利点といえば、ある程度までレベルアップでスタミナが尽きることなく進め続けられること、クリア報酬がそれなりにおいしいことが挙げられます。

 とりあえずストーリーを進めておくことで、簡単な装備が作れる鉄鉱石、才知の粒子などが手に入り、魔王石報酬もあったと記憶しています。(ここで注意として、Bランク以下の装備は強化合成しないでください。いずれ強化の宝珠がかなり必要になってくるので、使うのがもったいないです。)

 そしてもう一つ注意点として、ストーリーの11章である禁忌領域はイベントの超級に匹敵するほどかなり難易度が高いです。なので、とりあえずは10章まで進めておくといいでしょう。

 

・闘技場

……二番目にやっておくべきは闘技場でしょうか。もう勝てなくていいです。勝とうが負けようが一週間に10回プレイすると闘技場報酬が貰えるので貰ってください。これは必ずです。闘技場報酬のメダルはガチャ券にも替えられるので、単純な魔王石以外にも戦力強化の礎となります。

 

・降臨系のイベントクエス

……ここで注意として、討伐ではないことです。討伐クエストはどちらかというと技素材としての意味合いが強く、正直なところ、単体としては戦力にはなりません。

 ところが、降臨系のクエストは報酬がそのままガチャ限のキャラとなっています。しかもドロップではなくミッション報酬なので、プレイすれば必ず手に入る他のソシャゲも見習え訳です。当然ミッション報酬ですから複数取得はできないですが、このゲームでは限凸が大きな強化に繋がるので一体でも多くガチャ限産が手に入るに越したことはありません。

 但し、超降臨イベントに関してはかなり難易度が高い為、中級と上級が常設されている普通の降臨イベントに挑戦するようにしましょう。もちろんクリアできるなら超降臨行こうね。

 

 とりあえず最低限この3つはやっておきましょう。いちばん最初にクリアしたクエストには魔王石の特別報酬がつくので、クリアできるなら強化素材クエストも含めてとにかくクリアして石を集めておくといいと思います。

 では次は、逆に最初の内はやらなくてもいいことも書いておきましょうか。

 

・レイド

……レイドに関しては、はっきり言ってしまうとある程度の実力(最低1割削れるパーティ)がなければやらないことをおすすめします。本作のレイドは参加枠が狭く、いちばん数が多い中級のレイドでは10人までしか参加ができません。ある程度強くなると半分ぐらい削れるようになるんですが、最初の内は1割すら難しい為、足手まといというか寄生になってしまいます。

 別段レイド報酬が美味しいわけでもないし、強化の宝珠を使うようになるのは後半からなので最初はやらなくていいです。強くなったら皆を助けに行きましょう。

 

・ボス降臨

……所謂タナトスやバハムートなどの降臨系クエスト。これに関してはやらない方がいいというか、まずクリアできません。例えあなたがそのクエストに最適なガチャ産を揃えて挑もうとしても、限凸が平均2以下ならいいとこ半分削れるかというところです。

 基本的にボス降臨はパズルというか詰め将棋みたいな感じなので、ある程度定まったパーティを作ってそれを限凸して強い装備を持たせるというのが前提条件です。更にそこからSPドロップやタゲ選択などの運、強いフレンドなどの条件が揃って初めてクリアできる超高難易度クエストであり、コンテもできないので最初の内はないものとしてください。生半可なパーティでは道具を無駄にするだけです。

 

・引き直しガチャ券

……これは好みの範疇だと思いますが、基本的に引き直しガチャ券産のキャラクターは弱く設定されています。具体的には降臨ボス>六英雄>精鋭>引き直しガチャ>討伐と言った具合で、5凸してようやく使えるか使えないかといったところなのですが、一部そこそこ使えるやつが混じっています。なので、そいつを重ねていく為にもバラバラに引いていくのではなく、凸したいやつが決まってから使った方がいいのではないかという話ですね。引き直しガチャ産の評価については後述。

 

 という感じで、まあストーリー進めてイベント触っておけば当面はおkです。勝手に石が貯まって勝手に強くなっていきます。では、新規さん向けにおすすめユニットの説明もしておきます。リセマラ推奨ユニットに関しては前回の記事を参照してください。

 

 まずは引き直しガチャから出るキャラクターのすゝめ。

 

・天界樹

……優秀なバッファー。前回の記事に詳細が載っています。ステータスの暴力。

 

・覚醒ダークナイト

……最近引き直しガチャに追加されました。元々は配布キャラとして全員が手に入れることができたキャラクターです。それなりのステータス、それなりの固有スキルですがLSの20%攻撃アップが属性問わずに効果が及び、毎ターン回復もついているので汎用性が高いです。そして何よりこいつが持つスキルの黒龍波動閃は闇属性トップクラスの威力を誇る物理攻撃であり、スキル継承ユニットとしてかなり評価が高いです。このユニット自体が最後まで使えるというわけではないですが、引いておいても損はないユニットだといえるでしょう。

 

・タロス

……天界樹を引かない場合の有力候補。LSは貧弱ですが、固有スキルが強力で、相手に与えるダメージと自分の物理防御をそれぞれ30%強化します。そしてこいつが何より強いのは5凸した場合の物理防御が1300を超える、という点。なんだこいつ精鋭か!?

 基本スキルを含めてスキルがやや弱いものの、フィジカルクラッシュは高難易度クエストで有用な特技の一つ。フィジカルバリアを木の全体攻撃に変えれば闘技場でも活躍できるポテンシャルを秘めています。耐久か物理の木パを組む予定があるなら手に入れておいてもいいかな、と思います。

 

・深海の帝王

……安価な水アタッカーとしての有力候補。特筆するべき点はありませんが、何故かステータスが精鋭の一歩手前まで伸びる(配布キャラのアクアマリンや同ガチャから出る荒波仙人を上回るオイオイオイ死ぬわコイツラ)上に、固有スキルが引き直しガチャ産としては破格の(魔力)40%補正。これによって5凸するだけで魔力が1400近くになり、アタッカーとして十分な数値となります。

 手軽なバフスキルもあるので、裁判神官がいない場合にバッファーを兼ねることも可能ですので、序盤はリーダーとして、中盤以降はサブとして水パで心強い燻し銀のような立ち回りができると思います。基本スキルも闘技場などで使いやすいので、その他スキルが好みにカスタマイズできるのも◎。(対になってる砂塵の魔王と比べてこの優遇は一体……。)

 

・マグマドラゴンワーム

……死ぬほどかっこいいのにそのなんのために生まれたのかわからないステータス、よくわからないLS、申し訳程度の固有スキル、お前は一体なんなんだ。フォッグブレスの継承元としてしか価値がない。

 

 以上の4体5体が個人的におすすめできるキャラクターとなります。迷ったら未だ類がないバッファー且つヒーラーとして後半も活躍できる天界樹でいいです。或いは木パを組むならタロス、(魔法)水パを組むなら深海の帝王といった形の選択でいいと思います。排出されるキャラクターはSランクではあるもののそれぞれ最終ステータスや固有スキルの有用さにかなりの差がある為注意しましょう。

 技継承だけならBランクでも可能なので、あくまで限凸をしやすいという意味での引き直しガチャですから、上記のキャラクターを選択する価値は高いと言えます。

 

 では引き直しガチャの説明を終えたところで、今回はこの辺でお暇させて頂きます。次回は討伐産ユニットについてのおすすめでもしていこうかなぁ、と思います。

 フレンドも随時募集しておりますのでタナトス使いたい方はお気軽にフレンドどうぞ。

 

 フレンドID 918734517