読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Saboten world跡地

ポケモンについての雑記。大体レート1700~1800程度で色んな構築試してます。

第二回「カラスガルド」

 お久しぶりです。前回からだいぶ間が開いてしまいましたが、二回目の投稿となります。
 第二回は、双方とも物理技メインで戦う、物理サザンガルドからヒントを得て閃くに至った、カラスガルドという構築です。

 その前に、簡単にサザンガルドについて。

・サザンガルド……

 お互いがお互いの弱点を完全に補完している組み合わせで、交替と読みを駆使しながら高火力で相手に負担をかけて勝利を狙うサイクルパ。お互いの弱点を突く技を持つガブやバシャがきつく、採用率も高い為、マリルリやバナを入れて更に補完を取ることが多い。

 というのが通常のサザンガルド。ここで物理サザンガルドについても簡単に説明しておきます。

・物理サザンガルド……

 補完はそのままに、仮想敵を大きく変えたサザンガルド。壁貼りの光の壁を誘ったり、バンギに対し安定した命中のばかりきで役割を遂行できるのが強み。ガルドに関しても鬼火が飛んでくることはほぼなく、襷を持たせることで瞑想AT、バシャ等を単体で処理できる可能性が生まれる。

 とまあ、汎用性を多少下げる変わりに役割対象を変化させたのが物理サザンガルドとなります。
 では本題、カラスガルドについて。

・カラスガルド……電気の一貫を許す代わりに、先制技、自信過剰や剣の舞によって抜き性能を高めサイクルの途中に抜き構築にシフトすることができる構築。通常のサザンガルドとは役割対象も大きく異なる。

 サザンを物理型にするに当たり大きな課題だった半端な素早さ、火力、積み技の有無を克服している上、高火力先制技の脅威はアローの存在により今更言うまでもない。

 とまあ御託を並べても仕方がないので個別に型の紹介を。

 ドンカラス いじっぱり 
 とつげきチョッキ 自信過剰
 H44 A92 B4 D244 S124
 ふいうち おいうち ブレバ ばかりき

 サザンに代わる補完物理AT。
 H4n+1 A後述 Dチョッキ込みリザYの晴れオバヒ耐え S4振り85族抜き
 型の関係上非常に読みを強いられるものの、火力と特殊耐久は一定以上を確保している。
 Bは紙だが、Aぶっぱ鉄拳武神のマッパとブレバの反動を耐える程度はある。ブレバの火力に関しても、Hジャロ、H武神を高乱数以上で持っていく程度。

 抜き性能と言える程度の火力があるのか気になる所だとは思うので、アローのブレバと比較すると、過剰+1ふいうちがアローの珠ブレバとほぼ同程度の指数がある。まずまずと言った所ではないだろうか?
 無論、相手のSが4振り85族以下ならその1.5倍の火力があるブレバをぶつけることができる。

 タイプ上、バナやジャロ、ローブシン等に強く、得意な相手と対面した時点で相手に不利な読みを強いる。チョッキ込みでゲッコウガすら引かずに処理することが可能。相手のサザンガルドに対しても強い。
 反面、サザンガルド程ではないもののガブやバシャが重いのは依然として変わらず、サザンの得意なロトム等の処理が厳しい。
 しかし、一匹突破してなお相手に読みを強いる独特の性能はカラスならでは。

 ギルガルド ようき
 きあいのタスキ バトルスイッチ
 AS252
 アイへ かげうち 聖剣 剣舞

 思考停止で使える襷ギルガルド。弱点保険よりも信頼度の高い保険である。素の準速バンギを抜く速さと、補正あり130族を越えるAに積み技と先制技、どんな技でもほぼ確実に一度は耐える性能を持ち合わせたポケモンが弱いはずがなかった。
 シャドボの一貫性がないのはつらい点ではあるものの、努力値をかけたかげうちと聖剣の火力は確かなものがある。
 
 フレドラ頼りのバシャを聖剣反動かげうちで無理矢理持っていったり、ニンフが瞑想積もうがなんだろうが死ぬ。
 とりわけ流し性能の高いポケモンであり、流し際に剣舞を積み襷を残して対面するのが極めて強力。その関係上、カラスと同じくボルトチェンジやとんぼ返りを持ったポケモンが苦手。
 
 とまあ、ピーキーな性能であり、じゃくほ、どくまもガルドとはまた異なる性能。
 カラス共々高い抜き性能がある訳ではないが、サイクルで削れた相手を抜いていくには十分ではないかと思う。

 ……

 …………

 ……………………

 スイクンや電気タイプ、ガルーラなど課題も多く、二匹だけで完成する構築ではないことは確かですが、サザンガルドとはまた違った動きができて面白いので、ここにメモ書きがてら記しておきます。
 興味のある方、読みに自信のある方は是非作ってみて頂けると幸いです。

 では、今回はこの辺で。また次回、お会いしましょう。